Cigars of asan: La Gloria Cubana Triunfos (Swiss Regional Production 2010)

2017年10月12日木曜日

La Gloria Cubana Triunfos (Swiss Regional Production 2010)

ラ グロリア クバーナ トリウンフォス (スイス市場限定)
1本あたり約3100円
6.2'" x 50
喫煙時間 1時間57分
フラットカット
cigarOneにて入手


19:46
小麦の甘さの後から華やかさを連想させる複雑な香りが鼻腔を埋め尽くす。
やや青い栗、焼いた藁、ローズウォーターや土の味わいが汲み取れる。
着火したばかりだが終盤のような喫煙感に圧倒される。

20:06
甘さは控えめとなる。
ウッド、青い栗、焼き藁、ホワイトペッパー。
旨味は十分だ。

20:26
素朴な小麦の甘さが戻ってきた。
焼き藁の味わいが強い。
旨さが極まる。

20:43
ナッツの味わいが加わる。
多彩なテイストが味わいに重厚感を与える。

21:36
ビターな味わいへとシフト。
栗皮、ナッツ、ホワイトペッパーがメインの味わい。

21:43
残り3cmほどで終える。
最後まで味わいは乱れなかった。

総評 A+
序盤から豊かな味わいに圧倒された。
ほどよい小麦の甘さ、青さのある栗、そして焼き藁の喫味が強かった。
そのほかに土やローズウォーター、ペッパーなど多彩なフレーバーがひしめき合っていた。

中盤は甘さが波のように押し引きを繰り返した。
甘さのないときも栗皮系の旨さがあり、満足の行く喫煙感が続いた。

終盤あたりからナッツの味わいが加わり、味の立体感が増した。
徐々にビターな方向へシフトしていき、栗皮と焼き藁を強く感じた。

基本的な味わいが序盤から変わらず続き、時間経過に伴い新たなニュアンスが少しづつ加わっていた。
めまぐるしい変化はないが、十分な旨味と複雑ながらも調和の取れた味わいのおかげで飽きることなく吸えた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...